Amazon

カテゴリー申請ビジネスの嫌悪感。

最近、amazonでカテゴリー申請がなかなか通らなくなってます。

レシートや領収書出せだの、納品書よこせだの、挙げ句の果てには「請求書出せ」ってw

で、しまいにゃ請求書出しても

卸売業者じゃないとダメなんだけど、業者自体が小売りしている場合、ネット店舗がある場合は請求書を送っても申請が通らない

ってんだからw

それじゃ「どうすりゃいいの・・・?」って話ですよね。

考えられるのは、実店舗で地元の卸業者を探してみて、相談するしかないのかな、ってところです。

それでも、まだキッチリと申請が通るかどうかも確証が取れません。

私自身はカテゴリー申請はほぼ通っているので、今更なんですが、仲間内で申請のポイントについて、検証中です。

また即効性のある、有効な申請方法があれば、お伝えしたいと思います。

で、ここからが本題なんですが・・・

こうした申請に関して、最近耳にする様になったのが、「カテゴリ申請を通しますよ。」「通らなければ返金保証」って、有料のオファー。

1カテゴリ2万円だそうです。
それ・・・、ホンマにイケるんですかね・・・w

でも、こんな通るか通らないか半々の話に乗らざるをえないほど、困っている人がいるってのが、事実でもあるんですよね~。

申請代行には、ホントに代行してくれるものもありますが、実際には詐欺まがいのものもあるそうです。

私個人としては、どうも良い感じがしません。

返金保証をするって事は、まず実際には商品の現物を仕入れていないはずです。
偽の請求書や納品書を用意するのか、自前の業者で段取りするのかw

そうなると作成者は、「有印私文書偽造罪」或いはその形態によっては、「有印私文書変造罪」。
いずれの法定刑も3月以上5年以下の懲役ですね。

で、その請求書等の書類を行使したあなたは、「偽変造私文書行使罪
この場合の法定刑も3月以上5年以下の懲役です。

こんな危ない橋に乗っていられませんよ・・・w
いずれにしろ、発信者とその周辺者の、個人的な「小遣い稼ぎ」ですね。

まぁ、世知辛い・・・w
真偽の程は判りませんが、要注意です。

ウマい話には、あなたも気をつけて下さい ^^b

ピックアップ記事

  1. 保護中: 「選ばれるコンディション記載」について。
  2. 保護中: 10月の売れ筋商品
  3. 保護中: 6月の売れ筋商品
  4. 保護中: 4月の売れ筋商品
  5. 保護中: 9月の売れ筋商品

関連記事

  1. Amazon

    電脳せどりで稼げません。

    最近、「電脳せどりで、どういった商品から見ていけば良いかわかり…

  2. Amazon

    在庫あーる復活!!^^

    先日もお知らせした、在庫あーるの閉鎖。それが、ここに来て大復活しま…

  3. Amazon

    amazonへの出品・梱包・発送の疑問

    アマゾンでの通常の出品をするについて、最初に悩むのが梱包や発送について…

  4. 評価依頼

    Amazon

    評価の操作について.2

    以前に、購入後のお客様からの評価について記事にして、その際に「電話…

  5. せどり

    今更ながら、ドン・キホーテでの仕入れについて。

    今更ですが、ドンキでの仕入れに取り組んでいる方がいるので、注意点につい…

  6. 保証書

    Amazon

    家電商品の保証書について

    Amazonに出品する商品で、「家電」の保証書の扱いについて、疑問と対…

アーカイブ

質問受付中!



1回 無料コンサル 実施中。
24時間 受け付けます、
お気軽にどうぞ。

【KazのスカイプID】
kazhiko777
  1. FBA梱包材は

    Amazon

    FBA発送の際の梱包材は?
  2. 役所での説明

    Amazon

    役所での事情聴取
  3. 特集記事

    ド定番クラブミュージックで、ピンときたヤツ ^^
  4. Amazon

    ライバルより、少しでも高く売る為に
  5. Amazon

    FBA料金シミュレーターとamafee、どちらを使うべきか?
PAGE TOP