Amazon

購入商品のすり替えについて。

最近、商品を購入し、amazonの返送サービスを利用して、初期不良等といった理由で、ジャンク品とすり替えるといった被害を良く耳にします。

もちろん、現在だけの話ではなく、以前からもありました。
しかし、どうも仲間内でも耳にする機会が多い・・・w

こうした、「すり替え被害」 に遭った際にも、amazonの補填は可能なのですが、セラーである私達としては、事前の対策にも配意したいところですw

まずは、後のamazonとの交渉を含め、自己防衛の為に、「高額商品」をFBA出品する際(自己発送時も同様)は、

1) 返品された商品と出品者が納品された商品の違いを客観的に証明できる、シリアル番号の記載された仕入れの際の書類やFBA納品前の商品の写真を、可能な限り撮っておくこと(保証書とロット番号等)

2) FBAより返品されたAmazonからの箱についている配送ラベルや、返品商品がゴミでも、金額が補填されるまでは処分せずにとっておくこと

をお薦めします。

これが現在の所、私達セラー側が商品の状態を立証する、唯一の明確な術だと思いますw

FBAに高額商品を置いている場合、リスクもあることは、しっかり認識しておいて下さい。

またAmazonは、購入者を手厚く保護します。
出品者には、証拠がないと補填金額に多大な影響があることを理解しておいて下さいね。

アマゾンが補填してくれるのは、開封・未開封を含めて、全額補填なのか半額補填なのか、非常に気になるところです。
(※返金の上限は675,000円で保険をかけるよう推奨されていますね)

【破損・紛失商品の返金ポリシー】

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200402820

FBAは非常に便利ですが、ゴミ返品・空箱返品のリスクもあります。

FBA納品前の写真等の証拠がないと、金額補填に影響します。
納品前の証拠、記録がしっかりしていないと、泣き寝入りになりかねません。

面倒ですが、そうしたリスクも念頭に置いて、出荷して下さいね ^^b

保護中: 8月の売れ筋商品。前のページ

次の波(※スーファミ)にどう備えるか。次のページ

ピックアップ記事

  1. 保護中: 2月の売れ筋情報
  2. 保護中: 9月の売れ筋商品
  3. 保護中: 8月の売れ筋商品。
  4. 保護中: 1月の売れ筋商品
  5. 保護中: 4月の売れ筋商品

関連記事

  1. Amazon

    日本郵便の神サービスが開始!

    日本郵便の神サービス【クリックポスト】が、6月16日からサービス開始さ…

  2. Amazon

    電脳せどりで稼げません。

    最近、「電脳せどりで、どういった商品から見ていけば良いかわかり…

  3. 家電せどり

    せどり

    家電せどりをするなら、いま?

    家電せどりで仕入れをするタイミングは、いまでしょ!…

  4. Amazon

    amazonタイムセールのチェックポイント

    amazonタイムセール商品には、魅力のある商品が多いですよね。で…

  5. 何だったんだ、アレ

    Amazon

    アカウント停止!何だったんだ・・あれ?

    先日も、あなたへの警鐘としてメールを配信した訳ですが、昨日以降、ア…

  6. amazon納品の山

    Amazon

    販売ページから消えた、FBA在庫の所在

    出品しているFBA在庫が販売ページから消えた。でも売り上げレポートにも…

アーカイブ

質問受付中!



1回 無料コンサル 実施中。
24時間 受け付けます、
お気軽にどうぞ。

【KazのスカイプID】
kazhiko777
  1. 役所での説明

    Amazon

    役所での事情聴取
  2. トラブル

    D9を紹介する情報販売者の闇と、自己投資 1
  3. 新品商品

    Amazon

    NewとBrand New
  4. bookoff

    せどり

    1dayサンクスパスを毎日使い倒すには -1day攻略の秘密-
  5. 基礎講座

    人気ブログランキング 応援クリックお願いします!
PAGE TOP