撤退

Amazon

商品の撤退ラインを決めましょう

あなたは、出品商品の価格相場が落ちてしまい、暫く静観した上で、
どうしようもなくなって大赤字で損切り、
ってことありませんか?

私は、これまでに何度もあります
最近とみに思うんですが、見込み利益を考えた時に、利益率の微妙な商品に限って
「損切りの難しさ」で振り回されるんですよね。

これについては、自分であらかじめの
撤退ライン
を決めておくことって大事です。

その判断基準に当てはまったら、無感情に切り捨てるって位の方が
判断に迷うこともなく、効率が上がるし精神衛生上も良いと思うんですよね。

私自身が損切りで気をつけているのは、
・利益率が下降して、10%を切ったら、赤字覚悟の在庫処分を考える
・低ランキング商品で3ヶ月在庫として残ってしまったら、損切りする・・・etc
ですかね。

私も色々な商品を仕入れていて、撤退ラインを決めずに
 もうちょっと待ってたら売れるだろう・・・うん、売れるかも 
と、ダラダラと売れるのを待って、撤退時期を誤り、それ以上の損失を出して
損切りせざるを得なくなったことが、何度もあります。
(※9000円で仕入れた商品を、1100円で売らなくてはいけなくなったこともあります・・・涙)

明確な撤退ラインがあれば、こんな時にでも迷うことはありません。
だから、継続して利益を確保するには、撤退ラインを見極めることは大事なんです。

そして撤退ラインを見極めることと同時に、
まず、徹底的に商品リサーチをすることが重要です。

私達は現場でのリサーチが多いのですが、

・現在のランキング
・amazonでのランキングの跳ね具合
・価格移行の波
・在庫数

をしっかりとリサーチして、回収できる利益率を判断・予測します。
この段階で、撤退ラインまでの見通しを立てておくことができると、尚良いと思います。

判断材料となる条件は、仕入段階で色々出てくると思いますしね。
仕入当初から明確なルールを作って当てはめておくことが、撤退ラインを決めることにも
繋がりますし、判断に迷うこともなくなります。

在庫に関しては、小さなヒット商品とホームラン商品を組み合わせて、安定的に在庫を
回して
いくことが重要ですし、その為にも商品の撤退ラインを明確にすべきです。

ぜひ、あなたも自分の過去の失敗を思い起こして、「撤退のルール」を設定して下さい。

淡い期待で、決断を先に伸ばすのは得策ではありません。
というか、私にとって、これまで得策ではありませんでした。

私達は、せどりで仕入れた商品は
仕入れ金額+経費 以上の金額
で販売して、少しでも利益を回収したいと考えます。

しかし状況を最悪にして撤退する前に、自分で決めたせどりルールの中で、
スパッと決断しましょう。

で、明るく次の商品に進んで取り返すと! ^^

効率化ももちろんありますが、損切りに関してはシビアに捉えて
これで良いんじゃないかと思います 笑

ピックアップ記事

  1. 保護中: 11月の売れ筋商品
  2. 保護中: 「選ばれるコンディション記載」について。
  3. 保護中: 4月の売れ筋商品
  4. 保護中: 1月の売れ筋商品
  5. 保護中: 10月の売れ筋商品

関連記事

  1. せどり

    「集中」と「継続」

    以前から、せどりに取り組んでいる方から、私がよく聞くのが、「モ…

  2. Amazon

    保護中: 送料を安くすること。

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. フルボットって

    Amazon

    フルボット(fullbot)ってご存じですか?

    フルボット(fullbot)説明会の内容と、その将来性は?…

  4. せどり

    「哀川里代」には気をつけろ!

    あなたも、商品仕入れに際しては、一般のネット店舗で仕入れることも多いと…

  5. PSEマークの取得

    Amazon

    出品商品に関するキャンセルメール(PSE2)

    Amazonからの出品商品に関するキャンセルメールにつ…

  6. Amazon

    電脳せどりで稼げません。

    最近、「電脳せどりで、どういった商品から見ていけば良いかわかり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

質問受付中!



1回 無料コンサル 実施中。
24時間 受け付けます、
お気軽にどうぞ。

【KazのスカイプID】
kazhiko777
  1. 撤退

    Amazon

    商品の撤退ラインを決めましょう
  2. リサーチ

    せどり

    仕入れが出来ない
  3. フルボットって

    Amazon

    フルボット(fullbot)ってご存じですか?
  4. Amazon

    amazonで、詐欺アカウントが横行しています。
  5. 出品キャンセル1

    Amazon

    全ての出品キャンセルぅ~!?
PAGE TOP