撤退

Amazon

商品の撤退ラインを決めましょう

あなたは、出品商品の価格相場が落ちてしまい、暫く静観した上で、
どうしようもなくなって大赤字で損切り、
ってことありませんか?

私は、これまでに何度もあります
最近とみに思うんですが、見込み利益を考えた時に、利益率の微妙な商品に限って
「損切りの難しさ」で振り回されるんですよね。

これについては、自分であらかじめの
撤退ライン
を決めておくことって大事です。

その判断基準に当てはまったら、無感情に切り捨てるって位の方が
判断に迷うこともなく、効率が上がるし精神衛生上も良いと思うんですよね。

私自身が損切りで気をつけているのは、
・利益率が下降して、10%を切ったら、赤字覚悟の在庫処分を考える
・低ランキング商品で3ヶ月在庫として残ってしまったら、損切りする・・・etc
ですかね。

私も色々な商品を仕入れていて、撤退ラインを決めずに
 もうちょっと待ってたら売れるだろう・・・うん、売れるかも 
と、ダラダラと売れるのを待って、撤退時期を誤り、それ以上の損失を出して
損切りせざるを得なくなったことが、何度もあります。
(※9000円で仕入れた商品を、1100円で売らなくてはいけなくなったこともあります・・・涙)

明確な撤退ラインがあれば、こんな時にでも迷うことはありません。
だから、継続して利益を確保するには、撤退ラインを見極めることは大事なんです。

そして撤退ラインを見極めることと同時に、
まず、徹底的に商品リサーチをすることが重要です。

私達は現場でのリサーチが多いのですが、

・現在のランキング
・amazonでのランキングの跳ね具合
・価格移行の波
・在庫数

をしっかりとリサーチして、回収できる利益率を判断・予測します。
この段階で、撤退ラインまでの見通しを立てておくことができると、尚良いと思います。

判断材料となる条件は、仕入段階で色々出てくると思いますしね。
仕入当初から明確なルールを作って当てはめておくことが、撤退ラインを決めることにも
繋がりますし、判断に迷うこともなくなります。

在庫に関しては、小さなヒット商品とホームラン商品を組み合わせて、安定的に在庫を
回して
いくことが重要ですし、その為にも商品の撤退ラインを明確にすべきです。

ぜひ、あなたも自分の過去の失敗を思い起こして、「撤退のルール」を設定して下さい。

淡い期待で、決断を先に伸ばすのは得策ではありません。
というか、私にとって、これまで得策ではありませんでした。

私達は、せどりで仕入れた商品は
仕入れ金額+経費 以上の金額
で販売して、少しでも利益を回収したいと考えます。

しかし状況を最悪にして撤退する前に、自分で決めたせどりルールの中で、
スパッと決断しましょう。

で、明るく次の商品に進んで取り返すと! ^^

効率化ももちろんありますが、損切りに関してはシビアに捉えて
これで良いんじゃないかと思います 笑

20万円を稼ぐにはせどりで月20万円を稼ぐ目安前のページ

デジパック とは次のページデジパック

ピックアップ記事

  1. 保護中: 4月の売れ筋商品
  2. 保護中: 5月の売れ筋商品
  3. 保護中: 7月の売れ筋商品
  4. 保護中: リピート仕入れには、こんな商品も!(※激熱)
  5. 保護中: アダルトPCゲーム、どうですか?

関連記事

  1. デジパック

    Amazon

    デジパック とは

    DVD等の商品を仕入れていると、デジパックという言葉をよく聞き…

  2. Amazon

    出品制限のかかっている商品について

    先日も、児童ポルノ関連と思われる商品を出品していた、かなりの数の出…

  3. Amazon

    アカスペの「ama限出品規制」、その方向は?

    昨日もお話しした、ama限の出品規制。ちなみに、現時点までに警…

  4. せどり

    「無料で稼ぐ」という事

    以前に私に来た質問メールで、こんなものがありました。-----…

  5. Amazon

    日本郵便の神サービスが開始!

    日本郵便の神サービス【クリックポスト】が、6月16日からサービス開始さ…

  6. amazon納品の山

    Amazon

    販売ページから消えた、FBA在庫の所在

    出品しているFBA在庫が販売ページから消えた。でも売り上げレポートにも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

質問受付中!



1回 無料コンサル 実施中。
24時間 受け付けます、
お気軽にどうぞ。

【KazのスカイプID】
kazhiko777
  1. 特集記事

    あなたの『せどり』、今どこにいますか?
  2. トラブル

    D9を紹介する情報販売者の闇と、自己投資 1
  3. 売上げアップ

    Amazon

    アマゾン独占販売で売上300%UP!
  4. Amazon

    スマップ年内解散!の衝撃と、遂にお祭りかっ?!
  5. 撤退

    Amazon

    商品の撤退ラインを決めましょう
PAGE TOP